• 木蓮経営法律事務所

飲食、宿泊業で外国人を雇う方法 (在留資格)

人手不足で困っている業界と言えば飲食、宿泊業ではないでしょうか。この業界が外国人を雇う方法について簡単にお話しします。






●現状

・外国人留学生が多数働く

・飲食 、ホール、厨房、

・宿泊、清掃、駐車場管理



●課題 ・新成人人口の減少

・1994年207万  2020年118万  今後100万を下回る可能性大。

25年前のほぼ半分


・若者のアルバイトに対する意識の変化


●外国人留学生のアルバイト

<メリット>

・飲食店のホール、ホテルの清掃など、専門性を要しない業務に従事させることが可能


<デメリット・注意点>

・1週間28時間の制限

・留学の在留審査が厳格化して採用難の可能性


●技術・人文知識・国際業務ビザ


<メリット>

・留学生のような就労時間の制限なし

・外国語を用いたフロント業務、外国人観光客担当としてのホテル内の施設案内業務もOK


<デメリット・注意点>

・大学等の卒業者を想定

・専門性を必要としない業務、例えば、駐車誘導、ホテルの清掃、飲食店のホールなどは不可



●技能ビザ

<メリット> ・留学生のような就労時間の制限なし

<デメリット・注意点> ・料理人のような技能を前提とした在留資格であるため、ホテルの清掃、飲食店のホールなどは不可


 

TEL 092-753-8035

Fax 092-753-8036

外国人を採用してみたい経営者、従業員の労務管理(残業代請求、問題社員の扱い方・パワハラ・セクハラ)でお悩みの経営者の方向けのメルマガ発行中

© 2019 by 木蓮経営法律事務所 弁護士 松坂典洋(福岡県弁護士会所属 登録番号42897)