• 木蓮経営法律事務所

元請が下請の従業員の労働災害について責任を負うのか。






元請は,原則として,下請の雇用する労働者に対する安全配慮義務を負うことはありません。

しかし,元請と下請企業の労働者との間に特別な社会的接触の関係が認められる場合には,元請人は,信義則上,当該労働者に対して安全配慮義務を負います。

元請の責任を認めた東京高裁平成30年4月26日判決 労働判例1206・46を紹介します。

3回の閲覧0件のコメント
 

TEL 092-753-8035

Fax 092-753-8036

外国人を採用してみたい経営者、従業員の労務管理(残業代請求、問題社員の扱い方・パワハラ・セクハラ)でお悩みの経営者の方向けのメルマガ発行中

© 2019 by 木蓮経営法律事務所 弁護士 松坂典洋(福岡県弁護士会所属 登録番号42897)