よくあるご質問

 

まだ​外国人を採用する気持ちになっていないのですが、何から始めておけばいいでしょうか

外国人採用に関する書籍を何冊か読まれるといいですね、とお答えしたいところですが、もちろん、経営者の皆様には本業がありますので、そんな時間はありませんよね。

​そこで、お知りになりたいポイントだけを、まずは当事務所の外国人採用・労務問題の動画講座をご覧になってはいかがでしょうか。だいたい3分前後と短いですが、内容は「疲れていても見れる」上に「かなり濃い」です。

ちょっとした隙間時間にYoutubeでご覧ください。

​外国人採用と聞くと、かなり手続きも難しそうだし、ハードルが高いのですが、、、

はい。ご自分や従業員でやる、というのは実のところ、かなり難しいです。

​というのは、回数をこなして慣れれれば申請は何とかなる、というものではなく、ビザ(許可申請)が下りるように、採用したい外国人の経歴・在留資格の種類・配置したい職種との関連性を吟味して採用段階から始めないと、申請したけれどもNGだった。ということはよくある話です。


これでは、振出しに戻る。つまり、せっかくかけた時間とお金が無駄になってしまうことになってしまいます。

木蓮経営法律事務所は、本当に弊社に適したコンサルティング会社なのでしょうか?

ご心配はもっともです。そのため、採用コンサルティング・労務管理のアドバイスを実施する松坂典洋がどんな人物で、どれくらいの知識があるのかを、動画講座でネット上にアップしていますので、是非そちらをご覧下さい。

​きっと安心して依頼して頂けると思います。

近くの行政書士さんに頼んだ方が安そうなのですが、木蓮経営法律事務所に頼むメリットは何ですか?

まずは、外国人のビザ申請に特化をされている行政書士さんはかなり少ない、ということが挙げられます。

そして、ビザ申請のみはできたとしても、その後、色々な外国人従業員ならではのトラブルが想定出来ますよね。


そのトラブルを解決したり、トラブルを事前に防ぐための就労規則を法的に見て改正したり、作成することまでは、行政書士さん(あるいは社労士さん)には出来ないのですね。


(ただ、すてきな行政書士さんも社労士さんも私の知り合いには大変多く、皆さんそれぞれにプロ意識をもって業務にあたっておられますので、その点はもうしあげておきます。)

​つまり、採用段階、ビザ申請、採用後の労務管理と、トータルにサポート出来るのが当事務所の強みです。

​松坂弁護士のモットーは何ですか?

迅速・スピード重視・全力投球・常に誠実です。


私の性格ですが、実直・誠実・全力投球・手間を惜しまない・合理化が大好き・ITが大好きとよく言われます。

会社運営には、スピードが大事だと思っていますので、顧問契約を結んでいただいているクライアントには、携帯番号をお教えてして、365日24時間対応していますし、チャットワークを利用して即日の回答をしています。

​この速さはなかなか他では実現できないのでは、と自負しています。

​​「迅速に回答してくれる」とありますが、うちの顧問はそんな感じではありませんが本当でしょうか

そうですね。

  • 事務所にかけても、事務員が冷たい対応をする、

  • 弁護士が事務所にいなくて電話がつながらない、

  • 「弁護士が大勢いて何でも対応している」と聞いていたが、実際疑問をぶつけたところ、ぼやっとした回答しかない。それも時間がかかる。


こうったことを経営者からよく伺います。しかし、これではせっかくのビジネスチャンスを逃してしまいます。

当事務所は、分野を特化していますので、その分野を深く知っているので、的確な判断、法的アドバイスを即座にできるわけです。

​すでに顧問弁護士がいるのですが、対応できるのでしょうか。

はい。実はですね、昔ながらの顧問弁護士がいるのだけれども、いろいろなしがらみで切れないので、セカンド顧問弁護士として、当事務所に外国人採用や労務管理、IT関連案件を依頼されている経営者もいらっしゃいます。その点は気兼ねなくご依頼ください。

​弁護士事務所と聞くと敷居が高そうで躊躇してしまいます

はい、従来はそういった法律事務所が多かったかもしれません。しかし、木蓮経営法律事務所は、新しい法律事務所の形を目指していますので、そんなことは全くございません。

お電話を頂いた時点から、話しやすい所だろうな、と思って頂けるよう、スタッフ全員で心がけてお電話の対応もしています。「とりあえず話だけでも」と言ったお気持ちで来て頂ければと思っています。

それぞれに皆さん忙しくされていますので、簡単に気兼ねなく連絡が取れるように、顧問先の経営者には弁護士の携帯番号をお伝えしていますし、LINEでも、隙間時間にコンタクトをとれるように、LINEビジネスに登録しており、スマホの音声入力で簡単にメッセージを送信して頂けます。

気になる案件が出てきた場合は、夜中でもメッセージを送信しておいて頂けるように環境を整えています。

顧問先の経営者とその従業員とは、chatwork・Facetime・LINE・skypeなど を利用し、メールのやり取りよりも迅速・便利に情報共有、やり取りを実現するよう、常にIT環境を整えて提案し続けています。

​社長がITやネットが得意でないので、大丈夫でしょうか?

もちろん、実際にお会いしてお話しすることに勝るコミュニケーション方法はありませんので、顧問先である経営者が実際に面談希望の場合は喜んでお会いしています。


なぜIT化してチャットワークやテレビ会議を導入しているか、と申しますと、なるだけ経営者の皆様の負担にならない形が大切だと思っているからです。

「時は金なり」です。


何が御社の経営上プラスになるのか、を常に念頭に置いて経営判断にプラスになる法的アドバイス、措置をとるように努めています。

法律家がよく陥りやすい「べき」論(じっくりと法律論を組み立てる)よりも、経済合理性をベースに、もちろん法的に正しい回答を365日24時間しています。

開花
 

TEL 092-753-8035

Fax 092-753-8036

外国人を採用してみたい経営者、従業員の労務管理(残業代請求、問題社員の扱い方・パワハラ・セクハラ)でお悩みの経営者の方向けのメルマガ発行中

© 2019 by 木蓮経営法律事務所 弁護士 松坂典洋(福岡県弁護士会所属 登録番号42897)